スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコスの対応

三菱UFJニコス株式会社。あのメガバンク、三菱東京UFJ銀行系列の信販会社だ。一昔前には田村正和がCMに出演していた「ニコスカード」を発行していた信販会社だ。合併により中井貴一がCMに出演していた「DCカード」も取り扱っている。

この会社の管理部門は東京にあるのだが、いつ電話をかけても出ない。朝・昼・夕方、どの時間帯に架電しても、呼び出し音が永遠と鳴り続けるだけだ。まるでサラ金の督促業務の如く、架電時間を記録してみたが、どの時間帯も極めて電話が繋がりにくい。極稀に通話可能となっても、「担当者不在」などを理由に先方の連絡待ちとなる。過払い金返還請求が電話交渉では一切できない状況だ。

三和ファイナンスへ過払い金返還請求をする場合も極めて電話が繋がりにくい状況だが、なんとか任意交渉にまだはこぎつけることができる。街金レベルの金融会社ですら、担当者からの連絡は必ずある。ニコスの場合は、やっぱり異常事態のような気がする。そもそも企業の電話が「呼び出し音」のみといった状況に違和感を覚えないのであろうか?通常の業界では考えられない。

消費者金融業界や信販業界は10年程前は「わが世の春」を謳歌していた。当時入社した社員は30代半ばに差し掛かっている。当時最前線で活躍していた社員は、不惑を迎え各部門の中枢にいるはずだ。

繰り返しになるが、因果応酬。

┏━━━━ ☆★ もしお金が戻ってくれば?  ★☆━━━━━━━━━

┃    〒542-0076
┃    大阪市中央区難波2丁目3番11号
┃    TEL:06-6484-2877
┃    杉山司法書士事務所
┃    http://www.31664.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

テーマ : 悩んでいても何も始まらない - ジャンル : ライフ

予定外の…

小規模個人再生を申し立てる場合、裁判所から再生計画で見込む返済相当額の積立実績が求められる(大阪地方裁判所の場合)。お隣の神戸地方裁判所でも同様の取り扱いをしている様で、同庁に小規模個人再生を申し立てる場合にも、返済相当額の積立を指導する。

裁判所としては、書面上の判断+積立実績が示される訳なので、将来の履行可能性を判断しやすい。

もっともがんばるんだクラブでは、小規模個人再生の案件に限らず、任意整理の案件でも同様の取り扱いをしている。和解契約を締結する際、将来の不履行を見越す人はいない。その時は履行可能だと信じている。信じているが目論見どおりにいかないのが現実だ。その証拠に、委任時の予定積立額を最後まで変更することなく、履行できる人は少ない。結局は数ヶ月間の実績を考慮して無理のない返済計画を作ることとなる。返済額は減少し、返済期間は伸張する。これは良し悪しの問題ではないと思う。

もし、依頼者の熱意や根拠のない目論見のみを頼りに和解契約を締結した場合、履行可能性の不安の残る和解契約ほど、関係者全てを不幸にするものはない。

同様に、自己破産を申請する案件でも同様の取り扱いをする。長年追加融資に頼った経済生活をしてきた人が急にその途を奪われ、切羽詰った挙句、ヤミ金のお世話になる事例は決して少なくない。目前の返済をクリアーすることに全精力を注いできた人々が陥りやすい誤解だが、債務整理さえすればなんとかなるとの勘違いに陥りやすい。

債務整理をしても「決して収入は増加しません」だから自己破産を考えている人にも毎月の積立を指導する。家計に余剰を残す練習だ。

さて、神戸で小規模個人再生を申立予定のHさん。5月末に相談に見えて以来、積立が思い通りにいかないと悩んでいる。先日の面談では、自己破産の可能性も示唆したが、あくまで返済にこだわりたい様子。ただ、予定外の出来事が続き、計画通りに積立が実施できないとのこと。そして計画通りにいかない現実に強いストレスを感じている・・・。まったくの悪循環だ。

考えてみて欲しい。予定外の出来事が積み重なって返済不能にまで債務が膨らんだ筈だ。サラ金やクレジットカードからキャッシングをはじめた当初は、決して返済不能になることを見越して借金をした訳ではなかったと思う。予定外の出来事を含めての「返済計画」なので。

Hさんは返済の意思が強い。でも決してあわてる必要はない。ゆっくりと健全な家計を築いていけばよい。ゆっくり、ゆっくり、確実に無理のない家計を築いていけばよい。

┏━━━━ ☆★ もしお金が戻ってくれば?  ★☆━━━━━━━━━

┃    〒542-0076
┃    大阪市中央区難波2丁目3番11号
┃    TEL:06-6484-2877
┃    杉山司法書士事務所
┃    http://www.31664.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

保証債務

依頼者からの相談で、立て続けに連帯保証人関係の案件があった。数年前から連帯保証人の問題は論じられてきた。がんばるんだクラブのような弱小事務所でも顕著な事例となる程、蔓延しているのだろうか?

当然のことながら、主債務者が債務整理をしたからといって、その効力は連帯保証人にまでは及ばない。連帯保証人の支払いを停止させるには、別途連帯保証人から委任を取り付ける必要がある。結果、連帯保証人への督促がはじまる。

依頼者は連帯保証人への督促を恐れ、どれほど切羽詰った状況に陥ろうとも、返済を継続しようと努力する。連帯保証人には迷惑をかけたくないとの一心から、実は、この点がサラ金の狙いでもあるのだが、主債務者は保証人つきの債権を、石にかじりついてでも支払い続ける。

その結果、任意整理の場面では、しばしば対象から除外することを希望する依頼者は多い。そして時には我々に隠そうとする。しかし、こういった努力は、良い結果をもたらさないことが多い。保証人つきの債権を約定どおり支払い続ける場合、どうしても当該債権への支払い比率が高くなり、他の債権への返済原資が限られる。最悪の場合、履行確保が困難との理由から、和解が成立しない。こうなると自己破産しか途がなくなる。

ここでよく考えてみて欲しい。連帯保証人つきといえども、当該債権の金利は?取引期間は?

そう!他の債権が利息制限法による引きなおし計算の恩恵を受けるように、たとえ連帯保証人つき債権であろうとも、利息制限法による引きなおし計算の恩恵を受けるのだ。そして、保証人の支払い義務は、主債務者の支払い義務を超えてまで存在しない。主債務が減少すれば、連帯保証人の支払い義務も減少する。主債務が消滅すれば、連帯保証人の返済義務も消滅する。過払いが発生している場合、連帯保証人には支払い義務はないこととなる。

それに主債務者の受任の効果は連帯保証人にまで及ばないが、たとえ連帯保証人に督促がなされたとしても、主債務者の債務整理方針が確定するまでは待ってくれるケースが多い。債務額が確定したら、連帯保証人つき債務の返済計画を中心に、主債務を含めた全体的な履行可能性を探っていけばよい。全てをひっくるめて履行が可能であれば返済の方向で、不能であれば自己破産の方向で検討していけばよい。

何につけても肝要なのは、相談時に債務内容を隠さず開示することだ。連帯保証人に支払い義務が残るとしても、約定返済程度の返済計画で合意してくれるサラ金は多い。この辺りは弾力的に応対してくれるようだ。そして依頼者の希望や優先順位を伝え、弾力的に応対してくれる先生と巡り合うことだ。

┏━━━━ ☆★ もしお金が戻ってくれば?  ★☆━━━━━━━━━

┃    〒542-0076
┃    大阪市中央区難波2丁目3番11号
┃    TEL:06-6484-2877
┃    杉山司法書士事務所
┃    http://www.31664.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む »

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。