スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債務整理は・・・

・年初に相談に相談にこられたご夫婦。受任による債務整理以外での再建方法をアドバイスし、その後1か月以上連絡がないが、首尾は如何なものか・・・?
・残債務を精算の上、過払い金返還請求を検討されていたOさん。請求対象が三和ファイナンスやネットカードという、この世界では決して評判の良くない相手だったので、回収の困難さを懸念したが、あくまで信用情報センターへの事故登録を気にしていた・・・。その後の首尾は如何なのもか・・・?
・本人訴訟で3社から過払い金を回収し、ネットカード相手に勝訴判決を得たTさん。悪名高いネットカードへの強制執行についての相談だった。当初は回収した過払い金で残債務を精算する予定だったが、現実に回収できた金額では残債務の精算が微妙との事。その後の首尾は如何なものか・・・?

メールや電話で相談を受けることは良くある。大方はそのまま来所していただき受任となるのだが、相談者の状況によっては、アドバイスを贈り、再び「戦いの場」へ送り出すこともある。

債務整理過払い金返還請求は、あくまで経済的再建への手段でしかない。

受任する事がどんな場合も万能だとは思わない。手段として必要な場合だけ専門家の知恵を借りればよい。但し、専門家の知恵が必要か否かの判断は、素人判断は危険だと思う。判断材料として、メール相談を積極的に利用される事をお勧めする。


┏━ ☆★ 過払い金がもし戻ったら?大阪過払い相談所  ★☆━━

┃    〒542-0076
┃    大阪市中央区難波2丁目3番11号
┃    TEL:06-6484-2877
┃    杉山司法書士事務所
┃    
http://www.31664.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

嬉しいのですが・・・

Oさんの債務整理もいよいよ大詰め。S商事㈱からの過払い金返還を残すだけとなった。S商事㈱に対する請求権は既に債務名義化しているのだが、どもこの会社、一筋縄ではいきそうにない。

そこで強制執行を視野にいれ、責任財産を調査するためにOさんに事情聴取を試みた。もちろん途中経過の報告を兼ねて。

当初、約250万円程あった借金も、一社を除けば全て過払い。当然、残債務は回収した過払い金から支払い済みなので、Oさんの負担すべき債務は一切なくなっている。そればかりか、司法書士報酬を控除しても、100万円以上の「お土産」をもってかえることとなる。S商事㈱からの回収如何では、お土産も150万円に達しようかという勢いだ。

報告を聞くと、当然Oさんも喜んでくれると思っていた。でも、説明を聞いているOさんの顔はうかなかった。そしてかえってきた言葉は「多く返ってくるのは嬉しいのですが、収入があると生活保護が打ち切られるんじゃないですか・・・?」

「・・・・・・」

確かに不当利得返還請求は雑所得扱いだと聞いたことがある。
事務所としても、「お土産」に対して領収書を発行してもらう。

心情的には、やりきれないが、所得扱いとする事が公平な取扱なんだろうなぁ。

┏━━━━ ☆★ 過払い金がもし戻ったら?大阪過払い相談所  ★☆━━━━━━━━━

┃    〒542-0076
┃    大阪市中央区難波2丁目3番11号
┃    TEL:06-6484-2877
┃    杉山司法書士事務所
┃    
http://www.31664.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

「過払い金請求」の普及に努める

もしお金が戻ったら? の杉山司法書士 過払い・過払い金返還請求の基礎知識や手続き・費用・グレーゾーン金利・商工ローンなどについて詳しく紹介しています。

もしお金が戻ったら? の杉山司法書士 過払い・過払い金返還請求の基礎知識や手続き・費用・グレーゾーン金利・商工ローンなどについて詳しく紹介しています。

多くの「債務整理」のうち、要望が一番多いのは「過払い金」。グレーゾーン金利についてはメディアなどを通して認知度が高まり、相談件数・受任件数も年々増え続けている。しかし、返済が終わっている方はまだまだご自身の問題として考えていないケースが多い現状に気づき、インターネットを通して返済終了後も10年以内なら「過払い金請求」が可能であることの普及に努め、今回ご報告したい事であります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。