スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貯蓄体質の方ですが

Tさんの過払い金返還請求は順調にすすんでいる。7社中5社までの回収が完了した。残っているのは、難物のCFJ㈱とポケットカード㈱だけだ。

Tさんの場合は回収した過払い金を元手に、可能な限り一括弁済をし、どうしても取りこぼしてしまう債務を分割弁済で支払っていく予定。Tさんの債権者の中には、全国的には全く名前を聞かないローカルな債権者が多数含まれている。サニー(貴和観光㈱)、クロワッサン、ラビット、ますめ、COCO(誉々㈱)、YOU、日電社・・・なんて会社は大阪以外では先ずお目にかかる事はないだろう。

なぜ、こういった大阪ローカルな会社との取引が大半を占めるのか?原因は、Tさんが数年前に親族による代払いを経験しているからだ。親族による代払いの場合、返済額が営業上の元金を割り込まない限り、信用情報センターへの事故情報はなされないのだろうか?仮になされていたとしても、こういった、よく言えば地域密着な会社では、与信上あまり関係ないものなのか?

何れにしても、親族代払いのケースでは、再び多重債務に陥るパターンは多い。

一方Nさんの債務生理はまだ始まったばかりだ。しかし債権者の中に東京スター銀行があった。彼の有名な「おまとめローン」を利用したとの事。その他は、大手の消費者金融会社や信販会社が数社あるのみ。

おまとめローンの場合、完済した債権者へは、「優良完済」顧客として履歴が残ることが多い。当然、信用事故など一切ないことが多い。こういった優良顧客は、電話営業の格好のターゲットとなる。おまとめローンも有効な債務整理方法だと思うが・・・。

問題なのは、当人の自覚だろう。親族の代払いのケースでも、おまとめローンのケースであれ、その後の覚悟も持ち方で再び多重債務で苦しむか否かが大きく分かれる。

再び借入を再開する原因は様々だろう。やむを得ない事情より金融会社の門を叩く者もいることは認める。今までの重圧から一気に解き放たれた安心感。そして再取引を開始しても、過去のような返済負担を負うことがないことを知ると、ついつい気が緩んでしまうのか?根拠のない「返済可能性」に安心してしまう。やはり収支の見直しのない債務整理の危険性を感じる。

不測の事態は、必ず起こる。健全な家計を営んでいるものにも、借金漬けの生活をしているものにも等しく起こる。債務整理の期間をとおして、是非、貯蓄体質の家計を築いてもらいたい。

┏━ ☆★ 過払い金がもし戻ったら?大阪過払い相談所  ★☆━━

┃    〒542-0076
┃    大阪市中央区難波2丁目3番11号
┃    TEL:06-6484-2877
┃    杉山司法書士事務所
┃    
http://www.31664.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

テーマ : 悩んでいても何も始まらない - ジャンル : ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。