スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債務整理の近況・・・

後半から年末にかけて、自営業者からの相談が相次いだ。そういえば任意整理での和解後に、何らかの事情で再度相談に来られた人も増えたような。

ご存知のとおり、法律改正に伴い消費者金融会社からの借入には総量規制が課される。大手の消費者金融会社を利用中の者も大多数がこの規制の対象となるという。つまり追加融資の対象外となる。

「債務を整理するということは、単に依頼者を経済的困窮から救済するだけではない・・・・」とは古くから云われている。「収支状況を根本から見直し、二度と多重債務に陥らないよう導くことが肝要だ」

とはいうものの、一体どれだけの専門家達が、そこまでの仕事をしていることだろう?特に昨今の「債務整理バブル」の状況下では、そこまでの仕事をする事は非常に困難だと思う。「過払い」という悪識に犯された依頼者の協力を得られないとの現実もある。かくいうがんばるんだクラブでも、自己破産や個人再生の場合はいざ知らず、任意整理の場合にまで、そこまでの仕事は、出来ていない・・・・・。と思う。自信がない。

法律専門家の職分との関係はある。だが、やはり一般消費者(自営業者を含む)を相手とした債務整理を行う以上、そこまでの仕事をする必要があると思う。最低でも方針決定までの期間は熟考する必要を感じる。目下の状況や少ない資料だけを判断材料とするのではなく、短くとも3年から5年をスパンとして債務整理の方針を決定するべきだろう。

自営業者の経営判断や家計簿診断といった業務は、本来私達の専門外だ。だが、大前提くらいは、私達でも判断できる。決して彼らの収入を増加させる魔法を用いる事はできないが、大前提を気付かせてあげる事からはじめる必要を強く感じる。

┏━ ☆★ 過払い金がもし戻ったら?大阪過払い相談所  ★☆━━

┃    〒542-0076
┃    大阪市中央区難波2丁目3番11号
┃    TEL:06-6484-2877
┃    杉山司法書士事務所
┃    
http://www.31664.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。