スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過払い金返還訴訟で最高裁初判断

時事ドットコムより利息制限法の上限を超える金利を支払わされた東京都内の男性が、信販会社に過払い金の返還を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(泉徳治裁判長)は22日、返還請求権の消滅時効は、過払い金発生時ではなく返済終了時から起算されるとの初判断を示し、信販会社側の上告を棄却した。約319万円の過払い金全額を支払うよう命じた二審判決が確定した。

返済を続けている間は時効が進行しないことになり、借り手側に有利な判断。

これにより、消費者金融や信販会社のカードローンへの過払い金が、時効により消滅する例はほとんどなくなるとみられる。 


返済を続けている間は時効が進行しない。
つまり、長く付き合っていればいるほど過払い金も多くなり、【過払い金の時効】という制限が無くなった。

忘れてはいけないのは『過払い金は自分自身のお金である』また『最後に完済した時点から10年以内ならその契約初日の金利まで請求する事が出来る』
つまり、10年以内に完済された方でも対象であり、過払い金の請求も契約初日までさかのぼれます。 詳しくは当社サイトをご覧下さい。

またお気軽にお問合わせ下さい。
今回のような問題にも様々なノウハウがあります。
疑問があればお電話でも可能です。お気軽にご相談下さい。

┏━ ☆★ 過払い金がもし戻ったら?大阪過払い相談所  ★☆━━

┃    〒542-0076
┃    大阪市中央区難波2丁目3番11号
┃    TEL:06-6484-2877
┃    杉山司法書士事務所
┃    
http://www.31664.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。