スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債務整理のメリットは?

債務整理のメリットって一体なに?
最近はこういった事を自問することが多い。

特に過払い金返還請求が広く世間に認知され、多くの人が正当な権利行使としてアクションを起こすに至った状況では、自問の機会も多い。

任意整理の場面において、銀行等の「まともな」金利で借り入れをしている債権者をも、債務整理の対象に含めるか否かは非常に悩む場面だ。特に住宅ローンを抱えている場合や商売をしている場合は非常に悩む。

以前は、依頼者の方が相談に見えられたときには既に債務超過に陥っており、たとえ高金利であろうと低金利であろうと、全てを債務整理の対象とすることが多かった。否、対象とせざるを得なかった。

過払い金返還請求に関する判例も、今ほど債務者有利に確定していなかったため、回収も困難を極めたことも関係している。

でも今は、事情がちくっと違う。過払い金は「ほぼ」返還される。過払い金をもって専門家への報酬や利息制限法の上限金利で引きなおし計算した結果残高が残ってしまった債権を十分に返済できることが多い。

その結果、引きなおし計算のメリットを享受できない、つまり銀行などの低金利の債権が残る。往々にして、高額債権が残る。

その結果、和解後の分割返済額と約定返済額に大差が無い場合が発生し、銀行など低金利の債権者を債務整理の対象としたメリットは、将来利息がカットされるのみとなる。

もちろんこれだけでも、十分なメリットなのでが・・・。
返済期間が短縮され、ゴールが見えるというメリットがあるのだが・・・。

住宅ローンを抱えている債務者や商売をしている債務者は、銀行との付き合いは非常に大切にしている様だ。

もちろん今でも、基本姿勢としては全債権者を受任の対象とすべきだと思う。信用情報センターの異動情報、いわゆるブラックリストは、全業態の情報センターへリンクしている。債権者が債権保全の必要性から追加融資の停止を決定するのも時間の問題だと考える。また債務整理業務にとって家計管理は非常に重要で、借り入れを元にした家計管理は画竜点睛というものだ。

依頼者の要求は常に変化している。業務もそれに対応して変化していかなければならないと思う。今後は依頼者の取引状況やバックグラウンドを考慮する習慣をつけ、債権者に優先順位をつける必要もあると思う。

┏━━━━ ☆★ もしお金が戻ってくれば?  ★☆━━━━━━━━━

┃    〒542-0076
┃    大阪市中央区難波2丁目3番11号
┃    TEL:06-6484-2877
┃    杉山司法書士事務所
┃    http://www.31664.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ちょっと我がままな依頼をしてみたいとお考えの方は、是非ご連絡ください。

テーマ : 生活向上のために - ジャンル : ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。